雪がすごいことになっている

連日の降雪にうんざりしている方も多いのでは、と思います。
先ほどテレビを見ていたところ、56豪雪(昭和56年)以来の降雪量とか。雪道の運転に自信のあるぼくも、2回ばかりスタックしてしまい、通りがかりの方や同じマンションの人の手助けを受けてしまいました。これまでは助ける側にいたのに、突然助けられる側になってしまうという失態を演じてしまいました。

助けてくださった皆さん、ありがとうございました。

少々言い訳をさせていただくと、現在の電子制御のATがすこぶる融通が効かず思い通りの運転ができないのが原因。ATのセレクトレバーは、昔は機械式だったので操作の通り動いてくれたのが、最近の車は電磁式。つまりスイッチで切り替えているということ。どうしてもタイムラグが発生してしまうことと、センサーで車輪の回転制御をしてくれているのが仇となってしまい、アクセルの操作通りにタイヤが回転しない。

周りからは「車高の低いミニだからハマるんだよ」と言われていますが。

今日の午前中がピークという予報でしたが、現在は午前中よりも激しい降り具合が続いています。ぼくたちが子供の頃は冬になるとよく雪が積もったものです。朝起きると膝くらいの積雪は当たり前、多い時はそれ以上積もったものです。もちろん今よりも除雪の設備は少なかったでしょうから、人海戦術で雪をすかすのが当たり前でした。それもあって、ここ10年余りの暖冬の影響で北陸の人は雪への対応力が弱っちくなっているように感じられます。

かくいうぼくも、先週後半の店長くんに休暇をあげて代打の店長代行の時は、除雪三昧。足腰が弱くなってるな〜と実感したところ。怠けちゃいけません。店長くんはすでに休暇旅行先から帰国して、昨日は出勤してくれていますが、今日は店を臨時休業にして彼も休ませました。もっとも、店舗の前は公道、うちの前だけ除雪していないと周りに迷惑なので、今朝雪かきだけはしてもらっています。

もちろん店を閉めているということは、収入もなくなるわけで、経営としては厳しいのですが。ここは辛抱するところかなぁと思っております。結局天気には勝てないのです。。

勝てないのは交通事情も同じ。
公共交通機関が麻痺し自家用車もほぼ使い物にならなくなっている、そんな状況を体感すると、コンパクトな街暮らしをしている今の生活が、理にかなっていると妙に納得してしまいます。普段なら少し離れたスーパーマーケットへ車で買い物に行くのですが、今日は近所の市場で済ますことになりそう。

近所の名勝のライトアップが始まっているはずなので雪の降りが弱まったら観に行こうと思っていますが、果たして来場者はいかがな具合でしょうか。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

About

北陸地方の田舎街でひっそりとくらしているアキのブログ。
30歳からは年齢が減少することにしてはや○○年。そのとおりにいくと現在未成年のはずだけど参政権は剥奪されていません。

プロフィール

性別:♂
血液型:ビール
好きな食べ物:果物、キノコ、マメ
野望:世界征服
宝物:こども
嫌いなもの:薬、タバコ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • diskmakerx01.png
  • IMG_0921.jpg

Powered by Movable Type 6.0.3