MAMP 一覧

何年か前に自治体関連団体にSNSを納品しました。

そのSNSは、団体に加盟する会員が情報交換に利用しています。ぼくもその会員だったりして・・・

SNSのソフトウェアといえばOpenPNE。
実績も豊富、インタフェイスはほぼMIXI。会員のみなさまからも運営者の方からも、おかげさまで好評をいただいております。

その間にOpenPNEのバージョンも進み、今年あたりはシステムの更新を提案しなくっちゃなぁと思っておりました。ちょうど2012年4月にはスマートフォンへの対応もするということなので、それを目処にしようかと。

そんな今日、運営者からメールがありまして、「 カスタマイズをしていただきたい 」とのこと。
カスタムの内容については完成してから別記事にするとして、とりあえず要望を含めるためにテスト環境を構築しておいたほうがイイかな。

では、ローカル環境MAMPにOpenPNE3のテスト環境を作ってみることにします。

まず、OpenPNE本体のダウンロード。

http://www.openpne.jp/pne-downloads/

つづいて、MAMPへのインストール。OpenPNE3というディレクトリにインストールします。

/Applications/MAMP/htdocs/OpenPNE3

各種設定がデフォルトならばこの場合のURLは、 http://localhost:8888/OpenPNE/web/ になるはず。

ターミナルを起動して、

$ cd OpenPNEPath ←該当のディレクトリをドラッグすると自動的に入力されます。
$ cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
$ cp config/OpenPNE.yml.sample config/OpenPNE.yml

と順に実行。

その後にOpenPNE.ymlの編集を行う。

インストールコマンドを実行する。

$ ./symfony openpne:install

Choose DBMS:
- mysql
- pgsql (unsupported)
- sqlite (unsupported)

mysql

Type database username

DBのユーザーネーム

Type database password (optional)

DBのパスワード

Type database hostname

localhost

Type database port number (optional)

8889

Type database name

DBのパスワード

Type database socket path (optional)

/Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock

↑重要です。これを指定しないとエラーが出ます!

このあと確認のメッセージが出て、Yを入力→enterを押下で実行開始。これでしばし待つこと数分、入力ミスが無ければ成功するはず。

一度ね、Type database socket path (optional)の指定をしなかったら、PDO Connection Error: SQLSTATE[HY000] [2002] No such file or directoryというエラーが出て失敗。どうやらデータベース経の接続失敗ということみたいなので、MAMPのMySQLへのパスをいれてみたら性交、いや成功。

お試し下さい。

おかしくなったMAMP。

再インストールしてみました。
治ったね。

いちお公式サイトへ行ってみると、新バージョンが出てました。
http://www.mamp.info/en/index.html

で新しいバージョンをDLしてインストール。と言ってもコピーするだけだけど。

ついでにMacPortsもダウンロード。
http://www.macports.org/

あわせてインストール。作業方法は以前の記事をご参考に。

で、今回はポスグレとか入れなかったんですが、mt-check.cgiで確認するとちゃーんと入ってる。てことは、MAMPだけ入れ替えても良かったのかも。
これは次に調子が悪くなったときにでも試すとしよう。

今、携帯サイトを作っています。
厳密に言うと「携帯サイトを売るためにMTに組み込むプラグイン」を作っています。

一つのMTOSで複数の携帯サイトをホスティングしようと企んでいまして、そのための仕組みづくりをしております。

ボクのMacは一度起動させると1週間や10日は起動させっぱなし。昨日久しぶりに再起動させました。
で、今日ここ数日の続きをしようとMAMP上のMTOSを起動。
ところが管理画面上に「ImageMagickが入ってない」と文句の文字列が。

あれれ?

4月にふうふう言いながらインストールした記事を書きましたが。

mt-check.cgiを走らせてみるとMySQLも無いらしい?

やっぱりMAMPがバカになったみたい。

やれやれ、今から再淫ストールですわ。

MAMPとMySQLその4

のこるは僅か。
最後のキモの部分のメモ。

1、htaccessの設置

MAMPは本来cgi-binフォルダ以外ではcgiは動かない仕様となっています。
実際cgi-binに入れたMTOSを使用していたりします。

でも実際に納品するときはドメイン内のディレクトリに設置するのが普通となっているので、ここでも同様に設置できるように設定します。
以下の2行をテキストエディタで書いてhtaccess.txtとして保存します。

Options +ExecCGI
AddType application/x-httpd-cgi .cgi .pl

※最後に改行を忘れないよーに!


2、MovableTypeの設置

ボクは主に無償版のMTOSを使用しています。
http://www.movabletype.jp/opensource/

今回はMAMPのhtdocs内にmtos5というフォルダを設置したということにします。
以下がmt-config.cgiに書き込む内容になります。

CGIPath http://localhost:8888/mtos5/
StaticWebPath http://localhost:8888/mtos5/mt-static

ObjectDriver DBI::mysql
Database データベース名
DBUser ユーザー名
DBPassword パスワード
DBHost localhost
DBSocket /Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock
DBPort 3306

DefaultLanguage ja


DBSocketとDBPortが曲者で、この設定が無いとインストールできません。
早とちりのボクはココで立ち往生・・(ビール飲みながらだからだよ!)

ここでcgiが動くように先ほどのhtaccess.txtをmtインストールディレクトリへ移動。
.htaccessとリネームします。

ところが、普通にファインダー上でリネームしようとしても「.で始まるファイル名はシステムのみが使用できます」みたいなメッセージが出てリネームできません。
ターミナルを使うか、ftpツールなどを使ってリネームしましょう。
リネームするとファインダー上からは見えなくなります。

あとは、http://localhost:8888/mtos5/mt.cgiにアクセスすればインストールが始まります。
やったね!

参考エントリの筆者の皆様、ありがとうございました。


いやー、人様のエントリを参考にするのは簡単ですが、自分で書くのは何て面倒なんだ!
でも次回から迷わずできそうです。

MAMPとMySQLその3

いよいよココからが大切な部分ですよー。

ここではXcodeとMAMPはインストール済みってことで話しを進めます。
気が向いたらそのうちMAMPのインストールについては記事を書きます。
期待しないで待っていてね。

まずですね、MacPortsをインストールします。

The MacPorts Project -- Home
http://www.macports.org/

ご自身の環境にあったバージョンをダウンロードして下さい。
以下はほぼ紹介されていた内容と同じです。

1、MacPortsの初期化

ターミナルで以下を順番に入力&enterキー

echo 'export PATH=$PATH:/opt/local/bin:/opt/local/sbin/' >> ~/.bashrc
echo 'export MANPATH=$MANPATH:/opt/local/man' >> ~/.bashrc
echo 'source ~/.bashrc' >> ~/.bash_profile
sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

2、ImageMagicとPerlMagicのインストール

やはりターミナル。

sudo port install ImageMagick +perl

3、Perlのパスの書き換え

cd /usr/bin/
sudo mv perl perl.bak
sudo ln -s /opt/local/bin/perl /usr/bin/perl

4、DB関連のモジュールをインストール

ココで何気にエントリ全体を眺めてみるとコメント欄になにやら情報が。
p5-dbd-mysqlをインストールする前に、mysql5-serverをインストールしないといけないらしい?
ならば早速マネしてみよう。

sudo port install p5-dbi
sudo port install mysql5-server
sudo port install p5-dbd-mysql
sudo port install p5-dbd-sqlite
sudo port install p5-dbd-sqlite2
sudo port install p5-dbd-pg

調子に乗って使う宛も無いSQLite2やPostgreSQLまでインストール。
ムダなことを!

5、オプションモジュールのインストール

参考エントリの筆者BUNさんはmt-check.cgiの結果を確認しながら作業されたようですが、ボクは横着者なのでエントリの記事を鵜呑みにまんまマネします。

sudo port install p5-gd
sudo port install p5-crypt-dsa
sudo port install p5-archive-zip
sudo port install p5-xml-atom
sudo port install p5-mail-sendmail

ここまでやって、mt-check.cgiで確認。
MySQLもきちんと使えるよになっているみたい。

幸せな気分ですー。

MAMPとMySQLその2

えーと、MAMPでMySQLを使うためのあれこれ実際について。

ココのエントリはうまくいかなかったことについて書いてますので、「アキってバカだな・・・」と笑い飛ばす程度のつもりでご覧下さい。

ってか、お急ぎの方はどーぞお次のエントリへ。


まあさてと、検索の結果出てきたページを上から順に見るのがボクの性。

Google1位のサイトはこちらでした。
http://aeolus.jp/higuma/2009/01/d-22.html

ちょっと読むと「先の記事」ってありますのでそちらを先に読んでみる。
http://aeolus.jp/higuma/2008/10/d-16.html

このエントリのステップを順番にこなしていこう。
非常に丁寧に解説して下さってますんでまずはマネしてみます。

指示通りにDBIをダウンロードしデスクトップで解凍。
最初のステップは以下のとおり。

cd Desktop/DBI-1.609
perl Makefile.PL
make
make test
sudo make install

※実際のエントリとはDBIのバージョンが違っています。

ふー、どやら大ジョブのようです。
続いて次のステップ。

sudo mkdir /tmp/mysql-lib
cd /usr/local/mysql/lib
sudo cp *.a /tmp/mysql-lib

となっておりますが、2番目のcdコマンドでファイルかディレクトリが見つからんよ。とクレームをいただきました。
何度も試してみますが残念ながら進展なし。

弱っちぃボクはここでうなだれて、冷蔵庫へビールをとりに行ってしまいました。


がっくりきて、他の検索結果へ移動してみますが、どれもこのエントリを参考にしてうまくできた!って書いてあります。
だから検索結果1位なんでしょうなぁ・・

とシロートっぽいことを平気で行ってみたりします。

なんでダメなんだろ?

真剣に考えないのがボクのいいところ。
回答になりそうなエントリを探してみます。

Google1ページ目最後にあったのがこのエントリ。
http://www.7-st.com/2010/01/entry67.html

ああ、神よ。
汝は我を見放さなかったか。(感謝)

このエントリ自体は特に解説等の内容は一切ないのですが、紹介されていたエントリがまさにボクの求めていたものだったのです。

MAMPとMySQLその1

MovableTypeの開発環境についてメモ。

MovableTypeテンプレート作ったりするとき、ネットに公開したウェブサーバではなく、ローカルの環境で作っています。まあ、あまり気にせずSQLiteで動かしていたわけですが、このところちょっと困っています。

MT5はDBについて、開発元であるSixapart社はMySQLしかサポートしないって明言したからなんですな。

まあ、とにかく今後はMT5ベースでの開発をしなくちゃならん、ということです。

ローカル環境はMAMPで構築してあります。
MySQLもインストールされてイるはず。
というか、パッケージになっている。

ところが、実際にインストールしてみるとウィザード画面でMySQLが選べない。
モジュールのチェックをするとデータベースドライバが無いと申しておられます。
メンドイな。

ブログのテンプレートを作るだけならこれまでのMT4でも無問題なのですが、MT5にはブログとは別にウェブサイトってのがあります。
えーとですね、ウェブサイトの中にブログを入れるようになっております。
あ、分かりにくい?

ボクは日本語が苦手なのでわかんないところがあっても気にしないで下さい。

ってことは、ウェブサイトのテンプレートとブログのテンプレートを別に作らなくちゃイカン。

っつーことで、ローカル環境にMySQLを導入することにしました。

まずは情報収集。

Google先生に「MAMP DBD::mysql インストール」などと質問してみる。

いろいろとブログなりができますが、どれも途中でつまずいちゃう。
情報が古かったり、このくらい分かってるだろうってことで説明を端折っていたり。。

んで、いろいろと試しながらなんとかデキタ。備忘録を兼ねてちょっとまとめてみることにしました。

このページの上部へ

About

北陸地方の田舎街でひっそりとくらしているアキのブログ。
30歳からは年齢が減少することにしてはや○○年。そのとおりにいくと現在未成年のはずだけど参政権は剥奪されていません。

プロフィール

性別:♂
血液型:ビール
好きな食べ物:果物、キノコ、マメ
野望:世界征服
宝物:こども
嫌いなもの:薬、タバコ

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 6.0