Seesaa Blog 一覧

blog.jpg
Seesaa Blogを日記ブログとしてではなく、ウェブサイトとして使用するときに便利なカスタマイズを備忘。

Seesaa Blog の各記事の上部にはH2要素で投稿日が表示されます。日記だったらそれでもいいんでしょうが、ウェブサイトとして使用する時はちょいと見苦しい。ここにカテゴリ名を表示させてみます。

管理画面で、

デザイン→コンテンツ→本文→右上のHTML編集をクリック

するとSeesaa Blogの独自タグで書かれたテンプレートが表示されます。この中から、次の一文を探します。
<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>

H2要素を探せばすぐに見つかります。
この部分を、
<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.category.name | tag_break %></h2><% /if %>

と書き換えます。

ブログを再読み込みすると、日付の部分がカテゴリ名に書き変わります。

お試しください。


無料ブログの中でseesaa blogはちょっと特殊です。これだけカスタマイズを許しているブログも珍しい。

広告設定やら表示件数に始まって、テンプレートもほぼ自由にイジレル。独自ドメインも使えるのでフッターのバナーさえ気がつかなければ、傍目には無料ブログとは気がつかないかも。

さて、今日のカスタマイズの要件は、

1、本文欄のみの使用だと表示されず、
2、追記欄に原稿を入れると、個別ページにだけ本文と追記の間に特定の文字が表示される。

というもの。ちょっとわかりにくいかな?

アフィリエイトなどの広告サイトを作るときに使いたくなる小技です。

弄るのは、管理画面の「デザイン→コンテンツ→記事→コンテンツHTML編集」。
修正個所はHTMLの以下の赤文字の部分。

<div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %></div>
<% else -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %></div>
<% /if -%>
<div class="posted">posted by <% article.nickname %> at <% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>

該当部分を以下のコードに置き換えます。

<% article.body | bodyfilter(article_info,blog) %>
<% if:article.body_more %>
広告のコードや挿入したい文字列
<% /if %>
<% article.body_more | bodyfilter(article_info,blog) %>

こうすると広告ページでは表示させたい内容を自動的に表示させ、情報ページでは非表示にする。こんな小技が使えます。もちろん逆でもいいけど。

お試しください。


このページの上部へ

About

北陸地方の田舎街でひっそりとくらしているアキのブログ。
30歳からは年齢が減少することにしてはや○○年。そのとおりにいくと現在未成年のはずだけど参政権は剥奪されていません。

プロフィール

性別:♂
血液型:ビール
好きな食べ物:果物、キノコ、マメ
野望:世界征服
宝物:こども
嫌いなもの:薬、タバコ

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 6.0