お盆休み

日常

お盆休みは堪能されていますか。
ぼくの会社はサービス業のため、お盆期間中は繁忙期。
そのため社員はお盆を外して、交互に取得しています。

さて、お盆とはいったいなんなのでしょうか。

お盆とは

お盆とは太陰暦(旧暦)の7月15日を中心とした期間のこと。
夏に行われる先祖の霊を祀る行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事。

お盆の「盆」の文字は、その文字通りお供えを乗せる容器のこと。
仏教行事「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の省略したものといわれています。
元々はサンスクリット語のウランバナを漢字に音写した当て字で、それがいつも間にか供物を備えられる精霊の呼び名となったとのことです。
盂蘭はご飯を指し、盂蘭盆とはすなわち「ご飯を乗せた盆」という意味になります。

中華圏では旧暦の7月を「鬼月」と呼び、7月1日に地獄の蓋が開き7月15日(中元節)に閉じると考えられています。
7月15日に僧侶を癒す施食をするとともに、先祖の供養を行うことで延命長寿や餓鬼の苦しみから逃れる功徳があるとされます。

これらが習合してお盆の行事になったと考えられます。

旧盆とは

明治政府は、明治6年にグレゴリオ暦を採用しました。
ところが日本国内の年中行事の多くが旧暦をもとに行われていたため、新暦だと季節が合わないものが現れることになります。
お盆がまさにそうで、新暦の7月15日だと農繁期となり、地方(農村など)によっては支障がでてしまいます。
そのため、お盆を旧暦の7月15日に行う地域や新暦を1ヶ月遅らせる地域ができました。

旧暦の7月15日を採用する地域は、沖縄や奄美地方など。
1か月遅れを採用するのは、ほぼ全国の多くの地域となります。

新暦のお盆を採用する地域

東京などの大都市や気候的に農繁期と重ならない地区が新暦の7月15日をお盆としています。

金沢市の場合は新暦7月15日をお盆としています。
石川県では他にも、美川町やかほく市高松地区などが挙げられます。

旧盆のころには稲刈りが始まることが影響しているのかもしれません。

盆休み

こうやってみていくと、東京などから地方に帰省するのに旧盆の時期は都合が良かったのでしょうね。
農繁期と重ならないため比較的ゆっくりできる時期。
くわえて、仏教行事的に忘れがちな先祖供養を思い出させる。

あなたはどうやって過ごしていますか?

穏やかな休暇となりますように。

タイトルとURLをコピーしました