電話にはでない

日常

ぼくは基本的に電話はかけませんし出ません。
連絡は、相手が都合のいい時に読んで返信することが可能なテキストメッセージ(FB messengerやWhats App、WeChatなど)を使います。

お互いの時間を奪ってしまうこと、相手や自分の作業を止めてしまうことが嫌だからです。

電話連絡は必須なのか

急に何か聞きたくなることがあります。
「あの予定どうだったっけ?」とか、「この作業はいつまでに済ますんだっけ?」などのように、ひとこと聞けば解決することがよくありますよね。
その度に電話をする人がいます。

自分は思い出すタイミングで思い出していますが、電話を受ける方はその時何をしているでしょうか。
ミーティング中かもしれません、食事中かもしれません、トイレに入っているかもしれません、なにかに集中して作業しているかもしれません。
相手の状況をうかがい知ることはできません。

電話を受ける人が何もしておらず、話す時間が十分にあり、相手がすぐに答えられる内容なら、特に迷惑にならないかもしれません。
でも、そうではないタイミングだったら。

もし相手が答えを調べなくてはいけないような内容だったりした場合、その手間を取らせることになります。
調べて返事をしてもらうような場合は、調べてもらってから折り返しの電話をしてもらうことになります。

また集中が途切れると、それまでの作業が台無しになるケースもあります。
時間を測定しながら行う実験中だったり、コンピュータのスクリプトを書いている時(往々にして「降りてくる」という言葉を使いますが、ひらめきは突然やってきて、すぐに取り掛かり完了しないと消えてしまうものだったりします)だったり、またシリアスなミーティング中だったりすると、それまでの積み上げをすべて失うかもしれません。

相手の状態がわからない時に電話をかけるのは、こんな(もっとあるでしょう)迷惑をかけて(かけられて)しまうことになります。

メッセージアプリのメリット

これは全ての方に当てはまるわけではありませんが。

「あのとき電話で言ったよね?」などと言ってくる人がいます。
でも必ずしも記憶しているとは限りません。
話の流れで比喩的に使った表現かもしれませんし、その人の勘違いかもしれません。
言った言わないの水掛け論になってしまうかもしれません。

これがテキストメッセージなら、履歴を遡ればその内容が記録されていることになります。
双方とも間違えることがありません。
たまに削除して無くなってしまうこともありますが、双方ともが削除していまうのはよっぽどレアなケースではないかと思います。
FB Messengerでしたら、アプリを削除しても履歴はサーバに残っていますから、再度アプリのインストールをすれば確認できます。

履歴があれば、二重三重の確認は必要なくなります。

また先にも挙げましたが、目を通すのは受け取った人の都合で良くなります。
運転中ですと、通話はもちろんメッセージを見ることもリアルタイムではできませんが、運転後や帰宅後など、受け取った人の都合で開くことができます。

自分もまた同様です。

通信費の節約になる

通信費(電話料金)の節約にもなります。
先ほど挙げたメッセージアプリはデータ通信を使用します。
したがって電話料金がかかりません。

小さな問題ではありますが。

今日からのこと

とある友達が取り組んでいることに、「毎日新しいことを一つ体験する」というのがあります。
つい、「いつもの店」や「いつもの定食」になってしまうことが多くありませんか?

子供の頃は毎日が新鮮な体験でした。
それが歳を重ねるにつれ、新しい体験が減っていきます。
ワクワクすることが減っていくのですね。

自主的に新しいことを体験することで、心の壁を取り払い、童心を忘れずにいられたらと思うのです。
小さなことでもいいので、今日から1日1個の新しい体験をしてみることにします。

タイトルとURLをコピーしました