MacのExcelの果てをみてきた

PCなどのこと

仕事にエクセルはなくてはならないものという方も多いはず。

普段は気にしないエクセルの限界を確認してみました。

Excelでデータはいくつまで入力できるのか

要するに行と列の限界はどれだけなのかということです。

マイクロソフトのサイトを探してみました。

なるほど、1,048,576行のレコードが格納できるようです。
列はというと16384列、つまりフィールド数は17,179,869,184個(ひゃくななじゅういちおくななせんきゅうひゃくはちじゅうろくまんきゅうせんひゃくはちじゅうよん)となります。

https://support.office.com/ja-jp/article/excel-の仕様と制限-1672b34d-7043-467e-8e27-269d656771c3

とにかく、たくさんのデータを格納できます。

限界のセルを見てこよう

行を表すのは数字で、列を表すのがアルファベットなのはご存知かと思います。
ここで気になるのが16384列のアルファベットはどうなっているのかということ。
普段のデータ処理で、「Z」を超えると「AA」、「AB」、「AC」となるのは確認していましたが、三桁の表示なんて見たことがありません。
ぼくの場合だとかろうじて「BC」あたりを使ったことがある程度です。

とりあえず最果てのセルに移動してみます。

キーボードで「command + →」を押すと、そのワークシートの一番右のセルに移動できます。
同様に「command + ↓」を押すと、そのワークシートの一番下のセルに移動できます。

現在のセルはワークシート左上の名前ボックスで確認できます。
その最果てのセルのアドレスは「XFD1048576」でしたw

MacのExcelだと、表示がおかしいw

最果てのセルを選択してみたところ、なにか表示がおかしいことに気がつきました。
列のラベルと列の並びが狂っているのです。

ずれてるw

うーん、WIndows版だとどうなんだろう?

なんかモヤモヤする表示でした。

ちなみに表示確認してみた2019年11月4日のバージョンは、「16.29」でした。

タイトルとURLをコピーしました