意味のわかりにくいタイトルで申し訳ないです。
先日、兄と仰ぐ映像・視覚アーティストからのヘルプメッセージがやってきました。
なんでも、使い慣れたFinal Cut Proのバージョンの関係で、今まだMac OS X 10.8.5が稼働しているiMac 2012のハードドライブが故障した模様。Facebookにあげたディスクユーティリティのスクリーンショットは、そのハードドライブが寿命を迎えていることを知らせる内容。
damedisk.jpg
ディスク交換しか方法はないですね。幸いTime Machineによるバックアップは取ってあるようなので、ディスクの交換で環境復帰はできそうです。

ところがiMacは分解の面倒な機種なので自分での交換作業は無理。しかも6年も経過しているのでアップルによる修理サービスは終了している。

ということで、どうにか使えるようにできないかというご依頼でした。

前出のとおり、内臓のハードドライブの交換は手間も時間もかかるので、今回は外付けのハードドライブでの起動を提案しました。彼もその案を了承してくれたので、その内容で復旧作業を実施することになりました。


OSのインストーラを入手する


OS X 10.7以降は無料でアップデート出来るようになったMac OS X。過去にダウンロードしたことあるアカウントなら、App Storeアプリの購入済みのタブの中に履歴があるはずです。これをダウンロードします。

ぼくが現在メインで使ってるのはMac Book Pro 2014。確か、MarvericksだったかがデフォルトのOSだった記憶が。つまりこれより前のOSはサポートされていないので、ダウンロードできないことが判明しました。幸い従業員に使わせているMac Miniは2011年のモデル。従業員が出勤する前にダウンロードすることにしました。

ブート用のUSBメディアを作る

さて、次はダウンロードしたOS XインストーラをUSBサムスティックから起動できるように準備します。この時、そのままUSBメディアにコピーしても起動させることはできません。幾つかの手順が必要になります。今回はターミナルのコマンドを使用しなくてもよいフリーソフトのお世話になりました。そのソフトはDisk Maker Xこちらのダウンロードページから適合するバージョンを入手します。Mountain Lionに対応するのは3.0.4。

このアプリはレジストリを触らないようで、どこでも好きな場所から起動できます(アプリケーションホルダに入れたりインストーラを起動させる必要はない)。できたアイコンをダブルクリックして起動させます。今回はデスクトップに置いてみました。
diskmakerx01.png

起動するとこのような小ウィンドウが出ます。今回は10.8を使うので、「Mountain Lion (10.8)」を押下します。
スクリーンショット 2018-02-11 14.03.27.png

ダウンロードしたOS Xインストーラは通常アプリケーションホルダに保存されています。この場合は自動的にインストーラの場所を認識しますが、今回のように別のMacで入手したインストーラを作業用Macに転送した場合は、そのファイルの場所を指定する必要があります。
diskmakerx03.png

「インストールファイルを選択...」を押下します。ファイルブラウザ画面でOS Xインストーラを保存したディレクトリを表示し、インストーラを指定します。
diskmakerx04.png

この後はインストールメディアの完成までしばらく待つだけ。ぼくのMacBook Proの場合で約10分程度かかりました。書き込みしている間は、特にプログレスバーなどは出ませんが、USBメディアのアクセスランプが点滅していることで作業が進んでいることを確認できます。気長に待ちましょう。

書き込みが完了するとその旨の小ウィンドウが現れます。アイコンを右クリックしてアンマウント、取り外せばOK。

ここまでが自分のMacでの作業となります。

死亡寸前のMacに必要なものをつなげる

ここから先は依頼主のレスキューされるMacででの作業になります。 新しく起動ディスクにするハードディスクには以下の要件を指定して購入しておくよう依頼しておきました。
  • 外部電源(バスパワーではない)
  • USB3もしくはThunderBolt
  • 現在のハードドライブよりも大容量
現場に行ってみると、IOデータの3TBの外付けディスクが用意されていました。1万円しなかったそうです。安くなったもんだ・・・

このハードドライブ、先ほど製作したUSBメモリ、Time Machineバックアップの入ったハードディスクの3つを接続します。おまじないを兼ねてまずハードドライブの電源を入れ、起動を確認してからMacの電源を入れます。ジャーンの音と同時にoptionキーを押しっぱなしにして起動ディスクを選択する画面を呼び出します。

ここで、先ほど作成したUSBディスクを選択、起動します。

ハードドライブをフォーマットする

市販のハードドライブの多くは、Windows対応をフォーマットが施された状態で出荷されています。このままではMacの起動ディスクとしては使えません。ディスクユーティリティを起動し、フォーマットの形式を
  • OS X 拡張
  • GUIDパーティションマップ
と指定してフォーマットします。

インストーラを走らせる

フォーマットが完了したら、ディスクユーティリティを終了し、インストーラを起動します。ここからは特に難しいことはなく、使用許諾を承認し、画面の指示通りに待つだけ。

20分程度かかっただったでしょうか、インストールが完了したら、あとは画面の指示通りにセットアップをするだけ。アップルIDやWi-Fiのパスワードはこのときまでに思い出しておきましょう。

このプロセスのおしまいに復元の項目があります。このときにTime Machineバックアップデータの入ったディスクを指定し承認すると復元が開始され、最後にとったバックアップの時点にMacが復元されます。ここから、データを読みだしてコピーが完了するまでにずいぶん時間がかかります。当初3時間程度と表示された予想時間は、終わってみると5時間を超える時間を要しました。ここは気長に待つしかありません。

これで調子が悪くなる直前の作業環境が取り戻せました。納品の締め切りに間に合うことをお祈りしております=>兄さん

古いOSの復元でお困りの方、ぜひおためしください。

連日の降雪にうんざりしている方も多いのでは、と思います。
先ほどテレビを見ていたところ、56豪雪(昭和56年)以来の降雪量とか。雪道の運転に自信のあるぼくも、2回ばかりスタックしてしまい、通りがかりの方や同じマンションの人の手助けを受けてしまいました。これまでは助ける側にいたのに、突然助けられる側になってしまうという失態を演じてしまいました。

助けてくださった皆さん、ありがとうございました。

少々言い訳をさせていただくと、現在の電子制御のATがすこぶる融通が効かず思い通りの運転ができないのが原因。ATのセレクトレバーは、昔は機械式だったので操作の通り動いてくれたのが、最近の車は電磁式。つまりスイッチで切り替えているということ。どうしてもタイムラグが発生してしまうことと、センサーで車輪の回転制御をしてくれているのが仇となってしまい、アクセルの操作通りにタイヤが回転しない。

周りからは「車高の低いミニだからハマるんだよ」と言われていますが。

今日の午前中がピークという予報でしたが、現在は午前中よりも激しい降り具合が続いています。ぼくたちが子供の頃は冬になるとよく雪が積もったものです。朝起きると膝くらいの積雪は当たり前、多い時はそれ以上積もったものです。もちろん今よりも除雪の設備は少なかったでしょうから、人海戦術で雪をすかすのが当たり前でした。それもあって、ここ10年余りの暖冬の影響で北陸の人は雪への対応力が弱っちくなっているように感じられます。

かくいうぼくも、先週後半の店長くんに休暇をあげて代打の店長代行の時は、除雪三昧。足腰が弱くなってるな〜と実感したところ。怠けちゃいけません。店長くんはすでに休暇旅行先から帰国して、昨日は出勤してくれていますが、今日は店を臨時休業にして彼も休ませました。もっとも、店舗の前は公道、うちの前だけ除雪していないと周りに迷惑なので、今朝雪かきだけはしてもらっています。

もちろん店を閉めているということは、収入もなくなるわけで、経営としては厳しいのですが。ここは辛抱するところかなぁと思っております。結局天気には勝てないのです。。

勝てないのは交通事情も同じ。
公共交通機関が麻痺し自家用車もほぼ使い物にならなくなっている、そんな状況を体感すると、コンパクトな街暮らしをしている今の生活が、理にかなっていると妙に納得してしまいます。普段なら少し離れたスーパーマーケットへ車で買い物に行くのですが、今日は近所の市場で済ますことになりそう。

近所の名勝のライトアップが始まっているはずなので雪の降りが弱まったら観に行こうと思っていますが、果たして来場者はいかがな具合でしょうか。

ここ数年海外に行ったり、逆に来日している方とコミニュケーションを取ることが増えています。海外の展示会を見に行ったり、商談したりなど、主に仕事上の話ばかりですが。

昨年の年末年始にはそんな仕事上で知り合った香港人の女の子が数日滞在していきました。大学を卒業した後一度就職し、再び台湾の大学に戻って勉強していて、大学からの交換留学で大阪に滞在中でした。そんな彼女は台湾の大学を卒業(したのか?)し、2月から日本で働くために再来日。仕事が始まる前に、またウチに遊びに来てました。

彼女が帰ってほんの数日後、パートナーの娘(以下ムスメ)から「友達を泊めて〜」と連絡があり、こちらは特に問題なかったので快諾。今度はコロンビア人の女性が滞在することになりました。

うちは賃貸マンションなので、念のため管理人さんに外国人が遊びに来ることを断って、同じマンションの知人にもその旨連絡しました。田舎町は近年の外国人観光客増加で欧米人を見かける機会が増えたとはいえ、同じマンションに出入りすることは稀。騒ぎにならないようにあらかじめ言っておく必要があるのです。

ムスメは昨年末までオーストラリアに語学留学に行っていて、その時にできた友達だそうで。

その彼女は40歳で本国では会計士をしているという才女。そんな年齢になっても勉強のため仕事を長期休業して学校に入ることができる環境って羨ましいと思うことしきり。

ぼくは年に数回海外に出かけたりしているので、周りから見れば自由人に見えるようですが、実際には店舗の管理だったり、支払いだったりで、ここにいないわけにはいかない身。だから尚更この彼女のように勉強のために長期に仕事から離れられる環境に憧れる。

ぼくの店のスタッフについても、長期の旅行に行かせてあげられる休暇を与えられるわけでもなく、申し訳なく思うわけです。

少しでも欧米のようなライフスタイルに近づけるように、変わっていかないといけないのかなと、思わされる来客でした(明日までいるけど)。

東京絡みでもう一つあったことを思い出しましたー
飛行機や新幹線のおかげで東京へは日帰りするのも苦ではなくなりましたが、せっかく行くならいろいろしたい(仕事も遊びも)。つまりお泊まりしないとイケナイわけです。経営状況厳しい現在、ホテルは当然ビジネスホテル。寝るだけだからそれで何の問題もありません。

昨年夏は珍しくパートナーの誕生日のお祝いを東京でしたので、その時は久しぶりにいい部屋(といっても数万円)に泊まりました。
快適ではあったものの、部屋で何をするわけでもないぼくたちは、広さを持て余しただけ。ビジネスホテル並みの狭い部屋でも何の問題もないことを実感したのでした。

前振りが長くなってしまいましたが、今回は「カプセルホテルに泊まってみました」、そんな話しです。

ここだけの話ですが、実はぼくは大浴場が大好き♡
今回も大浴場あることを大前提にホテル探しをしました。田舎の温泉旅館なら大浴場はあって当たり前ですが、都内だとなかなかいいところがないですよねー
その時にたまたま見つかったのがカプセルホテル。ずっと以前に電車に乗り遅れたか何かで、急遽泊まったカプセルホテルが検索結果に出てきた。嬉しくなってその個別ページをチェックしたところ、素敵な大浴場があったことを思い出した。

ここに決めよう。

当然カプセルホテルだから料金も安いです(5000円未満)。宿泊当日は懇親会が何時に終わるのかも予想がつかなかったし、翌日は朝から都内の店舗見学をするつもり。つまり本当に寝るだけ。完全に割り切っての予約でした。

宿泊当日は日付が変わる前にはチェックインできました。入浴は翌朝におあずけ。だって、すでにへべれけ状態なので、入浴は危険なのです。その夜は歯を磨いて、あっという間に寝落ちてしまいました。

翌朝喉が渇いて目がさめると7時を回ったところでした。自販機でペットボトル入りのミネラルウオーターを買って、1本丸ごと飲み干してから、浴場へGO!
ぼくは少々変わった入浴方法が習慣です。普通の浴槽と水風呂を延々繰り返し浸かるのです。まずは普通の浴槽に入り十分温まって、次に水風呂へ移動。指先・つま先が冷たくなってくると今度は浴槽へ移動。これを延々と繰り返します。

冷たくなってしびれてきた指先に血が通うと、ビリビリとした感覚。ああ、血が通ってるんだな〜と実感します。
このプロセスを30分ほど繰り返し、そろそろ髪の毛でも洗おうかと思い出したところ、浴場の上で垢すりサービスをやっているではありませんか!これまで垢すりをしてもらったことはなかったので、お願いしてみることにしました。

早速階上へ階段を登って行きました。中国人と思しき女性が2人。(若い方の)1人はすでに先客への施術中。当然僕は中年のおばちゃんorz
自分のパートナー以外の人前で全裸でいるなんて、普段では考えられないので、不思議な感じ。

施術ベッドの上に横になってゴシゴシしてもらいましたよ。背中側が終わり、仰向けになった時にどの程度の垢が取れているか触らせてくれました。もうびっくりするくらい出るんですね、垢って。

仰向けになっている時は、顔と股間にタオルをかけてるんですが、太ももの付け根あたりをこするときに、イチモツをちょいとつまんで反対側に転がすんですな。ああ、邪魔なのねwって感じで可笑しかったです。

25分ほどの施術はあっという間に終わり。少し物足りない感じ。施術中にはマッサージ付きのコースにアップグレードできるからと言われましたが、4500円くらいの宿泊料金に対して、マッサージ付きの施術が10000円。ちょっと躊躇してしまいました=>小市民

次に来た時は10000円のコースを受けると口約束をして、その日はおしまい。あ、サービスなのかコースに含まれているのかはわかりませんが、髪の毛をシャンプーしてくれました。これはこれで気持ち良い。

いいもんですね、垢すり。全身さっぱりです。すべすべするし、気のせいだろうけど、お腹周りの余計なものがなくなった感じがします。

浴場から退散し、歯を磨いたり着替えたりするうちにチェックアウトの時間が近づいてきました。街に出かけるにもちょうどいい時間。部屋で仕事をするんでなければ、もう十分満足です。むしろビジネスホテルのシャワーを利用するよりもずっと満足度が高かったです。

これから1人の東京出張の時は、ここが定宿になりそうです。

先週末はとある勉強会のセミナーへ参加するために東京へ行ってきました。
商売成功の鍵は集客。ということで集客セミナーです。もっともこの勉強会は集客という言葉は一切使っていませんが、ぼくの中では完璧に集客セミナーなのです。

インターネットは集客ツール(プラットフォームか?)として、もはや外せませんよね。いかにして自分のウェブ媒体にアクセスを集めるかは現在はもちろんこれからも必須のテクニック。どんどん進化していくテクノロジーについていくためには勉強し続けることが必要です。

決して安くはない受講料を払ってまで勉強しているみなさんは、やはり意識が高い!貪欲に試行しては検証している、生の情報がたっぷり。

とても有意義なセミナーに加え、その後の懇親会がとても濃い!濃すぎたー!

100人近くの人が集まると、いろいろな立場の人がいて、面白い。ぼく自身が目指す生き方に近いことをすでに実践している人もいて、とても刺激的でした。

ぼくのこの先の目標の一つとして、「居住する場所にとらわれない生活」というのがあります。
もちろん仕事は不可欠ですからぼくがいなくても回る仕組みづくりを作ることが急務と一人悩んだり奔走したりする毎日を送っているわけですが、仕事のあり方そのものを見直して、移動できることを前提に仕事を仕込んでいる人を発見。目からウロコが何枚も落ちていきましたよ。

その他にもぼくの目指す土地ですでに根を下ろしていて、このセミナーのために帰国したという人がいたり、本当に幅広い人と話せました。

ぼくはすでに随分長い年月をセルフエンプロイーとして、カンパニーオーナーとして仕事をしています。
他人から起業の相談を受けた時には、「とりあえずやってみたら」と答えることにしているのに、できない・やらない理由を考えて、先延ばしにしている自分を見つけてしまいました。

マズイマズイ。

ひきこもってる場合ではないですね!

MovableTypeの引っ越しメモ

MovableTypeで管理しているお客様のサイトを別サーバーに移転しました。
今回は同じ会社が提供している別サーバーへの移転でした。

プロセスを書き出してみます。

1、public_htmlディレクトリのバックアップ

FTPクライアントでサーバーに接続して、公開ディレクトリをバックアップします。 普通にパソコンにダウンロードして保存します。

データベースのダンプ

mySQLのデータを書き出してて保存します。 phpMyAdminを使用するのが一般的かと思います。今回はサーバの管理画面からダンプボタンを押して書き出ししました。

mt-config.cgiの編集

ダウンロードした後悔ディレクトリの中のCMSディレクトリにあるmt-config.cgiを編集します。具体的には、
  • StaticFilePath
  • Database
  • DBUser
  • DBPassword
の4箇所。 新しいサーバーの仕様や指定に合わせて書き換えます。

データベースの作成

空のデータベースを作成します。サーバーの管理画面やphpMyAdminを使用して、作成することになると思います。各サーバーの取り扱い説明に従って行います。

続いて、データベースをリストアします。phpMyAdminを利用する場合はその画面から、サーバーの管理画面から行う場合は指定のディレクトリへダンプファイルをアップロードします。この時、新しいDBに対応したリネームが必要になることがあります。ご注意ください。

公開ディレクトリのアップロード

FTPクライアントを使用して、公開ディレクトリをアップロードします。 もともと配置されていたのと同じ階層構造になるようにアップします。今回はpublic_htmlにドメインのディレクトリを作り、その中にアップしました。

また、*.CGIファイル群には、サーバー指定のパーミッションを指定しておきます。今回は755が指定値。

Aレコードの転送設定&サーバにドメインの登録する

新しいサーバへドメインを振り向けます。

まず、ドメインのネームサーバーの指定先を新しいサーバーに変更します。
ドメインとサーバーが同じ会社の場合は、指定先(サーバの番号等)を変えるだけとなります。
サーバー会社が変更になる場合は、新しいサーバへ振り向けるよう指示通りに指定します。

サーバー側でもドメインを受け入れるよう設定します。
マルチドメインのサーバなら、新たに受け入れるドメインを追加登録します。


ブログパスを変更


ここまでくれば、サイトの表示と管理画面へのログインができるようになります。
最後にもう一箇所、変更するところがあります。それはログイン後に確認できる、ウェブサイトのブログパス。

システム→ウェブサイト→設定

と進みます。全般設定の中に「公開パス」という項目があります。その2番目にあるブログパスを新しいサーバーに合わせて変更します。この作業を忘れると、ファイルのアップロードや再構築ができず、途方にくれることになります。

ブログパスを変更したら、そのウェブサイトを再構築します。
複数のウェブサイトを作成している場合は、それぞれで実施します。

実際に表示・投稿して動作の確認をする

以上のプロセスで移転作業は完了です。 一通りの動作確認や表示をチェックして、問題のないことを確認します。

このブログのこともすっかり忘れるくらい、忘れっぽいAkiです。
素敵な画像配布サイトを見つけても、すぐ忘れちゃったりとか日常茶飯事で、先日見つけたあのサイトはどこだっけ?と再度検索しても、あとの祭り。
残念な気分になりますw

そういうことで、大切な見つけものはブログに記録することにしました。
新しいブログを作ろうかと思ったりもしますが、まぁ仕事メモに残すくらいだったら今のままでいいかと(世捨て人っぽい)。

さて表題の件。
「日本古典籍データセット」を大幅に拡充 日本文化を楽しめる料理本や伊勢物語、「武鑑」、絵本を多数公開とありました。
リンクはこちら↓
人文学オープンデータ共同利用センター
国文学研究資料館

海外の友達に日本の古典の絵画を参照してもらおうと思っても、なかなか都合よくサイトやSNSで掲示できるものって見つからないですよね。少なくとも法律的なことはクリアしたものを利用したい。そんな時にこういったデータ集はありがたい限りです。さっそく利用したいと思っているところです。

このような文学作品・芸術を、誰もがいつでも自由に閲覧できる環境っていうのは非常に大切なことだと思うのです。先日ある方がツイッターで「日本人の日本語理解力が恐ろしく低下している」といった旨書いておられました。自分の周囲を見渡しても同様なことを感じることが幾度となくありました。古典を読めなくなっている人が増えているとも聞きました。こんな僕はもちろん辞書がないと読みこなせませんがw

少なくとも読書をする習慣は持ち続けなくちゃと思います。

MovableTypeで作ったCMSにログインするとダッシュボード右側にMTニュースが表示されます。
要るような要らないような、微妙な存在。

これをプラグインで非表示にします。

config.yamlを書いてpluginディレクトリに入れるだけ。

こちらに詳しく書いてあります。

昨年からECサイトの作成にCS-CARTを使っています。フリーでも使えるし多言語対応もできるということで、使ってみました。

今回とある取引先とのミーティングでうちのサイトで受注した商品をお客様に直送してもらう話がまとまったので、早速そのサイト作りを開始しております。

今回使うサーバーはcoreserver。とりあえずいつも通りにアプロード・設定・商品登録と進んでおります。

アドオンの設定中にSEOアドオンが有効にならないことに気がつきました。どうやらmod_rewriteの設定に問題があるらしく、その旨のメッセージ「SEO URLが動作しないため無効化されました。サーバーおよびURL書き換えエンジンの設定を確認してください。」が表示されます。

続きを読む

昨年から急激に海外出張が増えております。
運営している店として、一昨年作った会社(ほぼ幽霊会社だけど)の仕入れ先情報の収集を兼ねております。8月はドイツ、9月はアメリカ。

見知らぬ街ということもあり、案内地図代わりにスマホやタブレットなどが便利です。ぼくはiPhoneを利用していますが、国内販売のiPhoneはsimロックがかかっており、購入したキャリア以外では使用できない仕組みです。辛うじてソフトバンク販売のiPadは、国外ではSIMロックフリーとなり、国外でも使えます。昨年はiPadを持参し、地図に日本との連絡にと大活躍してくれました。

ただ一つ困ったことが、iPadではSMSの送受信ができないということ。

続きを読む

このページの上部へ

About

北陸地方の田舎街でひっそりとくらしているアキのブログ。
30歳からは年齢が減少することにしてはや○○年。そのとおりにいくと現在未成年のはずだけど参政権は剥奪されていません。

プロフィール

性別:♂
血液型:ビール
好きな食べ物:果物、キノコ、マメ
野望:世界征服
宝物:こども
嫌いなもの:薬、タバコ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • diskmakerx01.png
  • IMG_0921.jpg

Powered by Movable Type 6.0.3